ニュース

ディープ種牡馬展示会に1000人

20日、北海道勇払郡安平町の社台スタリオンステーションで種牡馬展示会が開催され、新種牡馬ディープインパクトをはじめ、30頭が登場した。14日の一般ファン向けの撮影会では1200人を集めたが、この日も会場周辺が大渋滞するほどの盛況で、約1000人が熱い視線を送った。池江郎師はディープに駆け寄って、顔や馬体をなでるなど久々のスキンシップ。「いいところをたっぷり残してくれるはず。ディープのコピーのような馬が誕生することを望みます」とあいさつ。また、同じく今年から種牡馬となったハーツクライには橋口師が、リンカーンには音無師がエールを送った。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。