ニュース

ディープ 3連続1番時計マーク

「有馬記念・G1」(24日、中山)を翌週に控えたディープインパクト(牡4歳、栗東・池江郎)が1週前追い切りを行い、栗東DWでジャパンC1週前、ジャパンC当週に続き、またまた1番時計をマークした。単走で6F80秒1は前2回と比べると地味に映るが、陣営の感触は1週前としてはこれまでで最高の手応え。刻一刻と近づくラストランへ向け、軽やかなフットワークで好調をアピールした。
 「今週でも競馬ができるぐらい」。寸分の狂いもない調整に指揮を執る池江郎師からも思わず笑みがこぼれる。有馬記念で最終章を迎えるディープインパクト。DWで軽く仕掛けた程度の1週前追い切りで、6F80秒1-38秒0-12秒6の1番時計をマークした。
 勝負どころでは自分からハミを取り、重心を沈めるいつもの加速を見せると、全身バネを思わせる軽快なフットワークでゴール板を駆け抜けた。
 カウントダウンは始まっている。ジャパンカップのあと、有馬記念当日の引退式が決定。そして社台スタリオンSから種付け料(1200万円)の発表もあった。ラストランへ向けて、周囲の慌ただしさが増すなか、調整にも自然と力が入る。
 1番時計はジャパンC1週前、ジャパンC、そして今回と“3週連続”でマーク。特に武豊が乗った前2回と違い、今回はユタカより体重が重い、池江助手が乗ってマークした。「次はないですからね。ビシッとやった。指示した時計よりも若干速かったけど、順調だということ。今の状態を維持してくれればいい。来週は最後だし、豊くんを乗せてキッチリと調教したい」と指揮官は口元を引き締めた。
 手綱を取った池江助手も納得の表情で馬上から降りた。「半マイルから少し速くなったんだ。あと百メートル辛抱できていればと思うけど、キャンターのときでも3角からハミを取るからね」。
 パートナーのファイティングポーズに手を焼きながらも、背中越しに伝わったその感触は過去最高だという。「気合乗りが違うね。1週前の雰囲気としてはこれまでで一番いい。動きだけじゃなく、メンタル面も含めてね。ジャパンカップのときでもこれほどじゃなかったから」。強さを誇示した前走をもしのぐ、デビュー以来最高の仕上げで最良の日を迎えることができそうだ。
 仕上げ人にとっては最後の1週前追い切りだった。「実質の追い切りとしては最後の騎乗になるからね。このスピード感を味わえるのは最後か…。そう思いながら乗っていたよ。うん、気持ちよかったね」と手に残る感触に感慨深げな様子だ。残すところ約1週間。こん身の仕上げで挑む“締め”の日を待つ。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。