ニュース

インパクト有馬記念当日に引退式

ディープインパクト(牡4、栗東・池江泰郎)の引退式が、有馬記念当日の中山最終レース後に行われることが分かった。現在、JRAとオーナーサイドで内容などについて最終的な調整を行っている。
 インパクトは有馬記念を最後に引退、その後は種牡馬として総額51億円(8500万×60口)のシンジケートが組まれることが決定している。レース後にいったん栗東へ戻り、再調整しながら競馬場で引退式となると、体調面だけでなく輸送のリスクも伴う。最近では03年の優勝馬シンボリクリスエス、05年のタップダンスシチー(12着)が、有馬のラストラン後に競馬場でセレモニーを行った。
 凱旋門賞から帰国初戦のジャパンCを2馬身差で勝ったインパクトは、すでに有馬記念へ向けて11月30日から馬場入りを再開している。昨年はハーツクライに敗れただけに、何としても勝って引退の花道を飾りたいところ。勝てばG1・7勝となり、シンボリルドルフ、テイエムオペラオーと並びG1最多勝となる。惜しまれつつ引退するスーパーホースが、10万を超える多くのファンの前で、別れを告げる。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。